頭痛 肩こり 腰痛 ギックリ腰 頚痛 骨盤矯正 姿勢矯正 股関節矯正 背部痛 膝痛 五十肩

当院の整体を、こんな方へお勧めします

顎関節症(がくかんせつしょう)の方へ
坐骨神経痛でお悩みの方へ
疲れているのに眠れない、どうして
デスクワーク(座って仕事をしている)で背中が苦しくなる
出産直後の方へ
正座できない、膝が痛い
頭痛がたまにします
子育ての肩こり
ギックリ腰


 ギックリ腰

 症状について
ギックリ腰は激しい痛みで、動くことができなくなるくらいの急性腰痛です。腰を曲げたり、ひねったりすると激痛が走ります。
来院された時は、
腰がはいらずに「ひっぴり腰」や「くの字の姿勢」の方が多いです。

 問診内容
腰が痛く中腰姿勢で、まっすぐ立てない。普段どうり腰が動かせない。前屈すると腰が抜けそうだ。

 施術内容
中腰姿勢を元に戻すために腰椎、骨盤の矯正をします。また、痛めた一部の部位をかばうために、腰の周りの筋肉が緊張しますので筋肉の緊張の緩和操作をします。
前屈があまりできなかった方ができるようになり、笑顔で帰える方が多いです。

ただし、一部痛めた軟部組織がある場合は一部の痛みは消えません、そのままです。痛みに関しては自然に良くなるのを待つしかありません。
また、外傷(膝をぶったて腰を痛めた)の場合も一緒です。
施術をした後に炎症、痛めた部位の対処法を親切ていねいにアドバイスします。
※注意 炎症が強く出て、腰がうしろに引けてた状態「ひっぴり腰」の場合は、施術しもカラダが拒否して、腰が引けた状態のままです。特に、炎症が強く出る痛めた時〜2日目の間にその様な状態になりやすいです。腰が痛くなってひっぴり腰の状態の場合は、その日から3日間は入浴をしない様にして、20分以内で冷やすことを数回行い、安静にし寝ていたほが最良の場合もございます。



 顎関節症(がくかんせつしょう)の方へ
 
 症状について
顎関節症て何だろ〜う? と思う方が結構います。この症状は耳の穴の前にある顎関節が開閉時に痛みがでたり、顎がスムーズに開閉できない、口を開ける時や閉じる時にカクッと音がするなどの症状があります。
また、頭痛、首のこり等の症状が起こる事があります。

 問診内容
顎に痛みがある、口がスムーズに開閉できない、口の開閉時に顎が左側、右側に動いて見た目が悪いなどの理由で来院せれます。

口腔外科、接骨院に通っているのですが、ほとんど改善が見られないので一度来ようと思った。

 施術内容
顎の関係する筋肉の緩和操作、顎の矯正を2〜5回することで、顎の動きが以前よりスムーズに動くようになり、痛みも改善されます。
 
よく言われるのが、この症状はどこへ行ったよくなるかわかりませんでした
。来てみてよかったと言われます。

たまに、動きは以前より良くなっていますが、
顎関節の回旋円盤がおかしくなっているために口の開閉時にガチャコンという関節の動きが改善されない方がいます。
顎関節症の方は山形市内の方はもちろん、県外から来院されます。




 骨盤の歪みを矯正したことがない、慢性の肩こり・腰痛の方

 詳細説明
肩がこりやすい、慢性腰痛の方は下肢の長さを比較してみてください。どちらかの足の踵の長さが違っていませんか。
足の長さが違っている場合は骨盤や股関節の歪みによる影響によることが多いです。たまに、先天的異常の方も一部おります。

 施術内容
骨盤、股関節など腰部から下位の関節の歪みを矯正し、左右の足の長さ揃えまていきます。次に、肩こりや腰痛を施術し、症状を改善させていきます。

左右の足の長さに違いがあることにより、脊柱が歪み、
左右の筋肉の拮抗作用(例えば・・右の筋肉が働いている時に、左の筋肉が伸ばされたり、休んでいる作用)にアンバランスが生まれて一方の筋肉だけが疲れやすく、その筋肉が疲労して慢性の肩こりや腰痛を引き起こすしたりします。







 坐骨神経痛でお悩みの方

 症状について
坐骨神経痛はお尻から足底、足背に向かって伸びている太い坐骨神経が筋肉の緊張や硬縮・関節の歪みなどで圧迫や締め付けをうけ痛みやしびれがでます。
坐骨神経痛とヘルニア(椎間板による神経圧迫の問題)は似ていますが、違います。

 問診内容
太腿の外側や後面がしびれる方、足関節(くるぶし)の下の足裏、足底がしびれ方が大半です。特に寒い時期や寒い日に痛みやしびれがでるそうです。

院に来院する患者様で 「病院に
2ヶ月〜約1年間通院しているいにほとんど症状が改善ならずしびれたのまま諦めて1年がたってしまった。」という患者様の声をよく耳にしてとても残念に思います。

 施術内容
しびれ、痛みの原因となる筋肉の硬縮や関節の歪みを筋肉緩和操作や骨格の矯正でしびれを取り除いていきます。

当院に来院された患者様で、最初の段階で症状の程度を10割とした時に、2〜4回の施術で2〜8割(個人差有)の症状の軽減がえられています。施術の仕方で適合、不適合は当然あります。

患者様に、「整体で症状が良くなるとは全然思ってみませんでした。色んな〇〇院にいったがいいぐならね〜がら、まあ〜一回ぐらいは
訳わがらね〜整体にいってみようと思って来てみだ。」と言われます。

「2、3回通院して、症状がいいぐなっど思わねがった」とよく言われます。
症状の改善は、前向きな姿勢と諦めない気持ちがが大事だと思います。




 出産直後の方へ(骨盤の歪み)

 症状について
出産時に、赤ちゃんが狭い骨盤の穴を通って出てきます。出産をスムーズにするために「リラキシン」という女性ホルモンが分泌され、骨盤の恥骨結合の靭帯が緩み穴が大きくなり出産しやすくなります。

骨盤の恥骨結合の緩んだ靭帯の影響により、仙腸関節が歪みます。その結果骨盤が歪み左右の足の長さが異なり、腰痛の原因になったりします。

骨盤が歪んだままだと、骨盤が開いて内臓が下腹部に下がる原因になり皮下脂肪がつきやすくなります。

 問診内容
出産後、腰が頻繁に痛みがでるようになった、腰がなんだか抜けそうな気がしてこわいです。

 施術内容
お母さんの体内に胎児がいる時はどうしても腰椎の生理的湾曲が崩れやすいので腰椎、骨盤の矯正をします。
また、腰痛を起こす連動した筋肉を筋肉緩和操作します。出産後は、是非、骨盤の矯正をお勧めします。山形市内にある当院に、お気軽にお越しください。





 疲れているのに眠れない、どうして

 症状について
肩や背中の筋肉がこりずぎると、筋肉の緊張が神経につたわり、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが上手にできなくなることがあり、眠れなくなることがあります。

 問診内容
疲れているのに眠れない。病院で自律神経失調症と診断された。病院に定期的に通っているが思うように症状が改善しない。どうして--!

 施術内容
背骨の筋肉の緊張を和らげるため、筋緩和操作や背骨の矯正すると症状が改善されます。




 子育ての肩こり

 症状について
赤ちゃんが生まれてから、2、3年間はダッコすることが多く、首・肩・腕が特に疲れます。
肩・背中の筋肉がこりすぎると、神経にも影響し安らぎが感じられず、
疲れているのに眠れないことがあります。

 問診内容
肩や背中がこります、特に左の肩、首がこります。
  
 施術内容
首、肩、背中、腕の筋緩和操作をします。ダッコをすると肩、腕、背中の負担が大きく、背中が丸くなりやすいので矯正をします。







 正座しずらく、膝が痛い方 

 症状について
正座しずらく、膝が痛い人は大腿の外側面、前面の筋肉が硬縮している方が多く、膝の内側に痛みがでやすい。

 問診内容
膝の動きが悪く、踵がお尻に付かない。膝が痛くて正座ができない。

 施術内容
膝・股関節・足関節の骨格の矯正、調整。膝の周りの筋緩和操作。
一回の施術後、無理をせずに、踵がお尻に付き正座できるようになり、膝痛も軽減されました。
今回で、痛みがかなり緩和されした。何回か通いまいしたが、膝の痛みがかなり消失された大変喜んでいました。




 デスクワーク(座って仕事をする)で背中が苦しくなる方

 症状について
長時間座っていると、背中の筋肉が緊張し硬くなり、背中が苦しくなります。そして背中がだんだん丸くなっていきます。

 問診内容
デスクワーク中、背中が苦しくなり仕事に集中できなくなります。猫背になりやすいので姿勢の矯正をしてほしい。
  
 施術内容
マッサージをして背中の筋肉の緊張を和らげるだけでも背中の苦しさは解消されますが、すぐにまた背中が苦しくなります。

もっと効果的な対処法は背中が丸くなり関節の可動域が少し狭くなっている部位の椎間関節(椎骨と椎骨の間)を広げ関節の可動域を正常にし、姿勢を矯正してから、背中の筋肉の緊張をほぐすことがとても効果的です。背中がとても軽くなり大変楽になったとよく言われます。







 肩こりがつらく、左右の足の長さがやく2pも違う方 

 症状について
両足を揃え座位で、自分の左右の足の長さを比較してみてください。約2pも差異がある場合は慢性の首のこり、肩こりの症状が出やすく、頭痛になる方が多いです。

 問診内容
肩こりがひどく、首がこり、頭痛が時々します。

 施術内容
触診、視診をしたら、右足の長さが約2センチ短いです。股関節矯正、骨盤矯正をして足の長さを揃え、肩の筋肉のコリをほぐしました。一回の施術で慢性の肩こりがとれて、肩の荷がとれた笑顔で言ていました。

左右の足の長さが
約2センチも違うことで体に歪みがあったようです。特に立ち仕事なので、肩の左右の筋肉の拮抗作用例、左の筋肉が収縮している時に右の筋肉がストレッチしている様に伸ばされている状態になるがうまくはたらいていないので、普通の人より疲れやすいのだと思います。
  



 頭痛がたまにします

 症状について
頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛、ほっておくと危ない頭痛があります。当院に来られる方は首、肩の筋肉が硬くなって頭痛になる方が多いと思います。

 問診内容
こめかみのあたりが頭痛する。頭のうしろが頭痛する。額が頭痛する。片目の奥が頭痛します。頭痛の場所はいろいろです。

 施術内容
頭痛は後頭骨から上部頚椎の筋肉の緊張により起こることがあります。後頭骨頚椎の矯正、頚椎の筋緩和操作により、症状がかなり改善されます。施術後に頭痛がほとんど感じられない方がかなりおります。

骨盤の歪みにより両足の長さが異なることで、立位での体の重心がずれて姿勢を維持するために必要な左右の筋肉の負荷にアンバランスがおこります。
それで、左右どちらかの腰、肩、首の部位にだけ多く負担がかかり、筋肉に痛みがでたりします。



 肩こりのひどい学生さん 

 症状について
肩こり、腰痛の学生さんが来院しました。毎日、勉強大変ですね。お疲れ様です。椅子に長時座っていると肩、腰が痛くなり勉強に集中できなくなり困っていました

 問診内容
勉強をするのに長い時間座っているので、肩こりや腰痛がひどいです。
  
 施術内容
座位の時に一番使用する起立筋をメインに筋肉緩和操作をしました。勉強とクラブの両方を頑張り過ぎて、腰の筋肉がかなり張っている方でしたので、一週間以内でもう一度施術した方が良いとお勧めしました。

期間をあまりあけずに施術いした方が筋肉のコリがほどけます。当院は施術をするかは本人の判断にお任せしています。他店では強要するところもありますので、○○院選びは充分気を付けてください。

姿勢→毎日机に長時間座っていると背中が丸くなります。背筋が3秒で変わる座位の座り方をアドバイスします。




 農作業での肩こり、腰痛 

 症状について
農作業は肩や腰に負担が大きく重労働で慢性の症状の方が多いです。
  

 問診内容
肩こり、腰痛が常にあり、カラダの疲れが抜けずスッキリしません。
  
 施術内容
肩から腰まで筋緩和操作をして筋肉の疲れをとります。作業中は、中腰や前かがみの姿勢を長時間していますので、腰椎の椎間関節の動きをよくする操作をします。

慢性の肩こりや腰痛は定期的な体の手入れが大切です。
 




メニュー
整体をこの様な方へ
整体・(カイロプラクティック)
リラクゼーション
赤 外 線
症状について 肩こり・ギックリ腰・膝痛
リラクゼーション




関連サイト

骨格歪んでいませんか

整体&
カイロプラクティックナビ


骨盤矯正.COM

エキテン

街ネタ


営業日程
営業時間⇒9:30〜19:00
定休日⇒水曜日
※予約者優先

推薦者の声







ケイタイサイト
携帯電話でQRコードを読み取ってください。
http://awanoseitai.com/m/